地デジをパソコンで録画してんっがっくっくっ

KTV-FSPCIE(もちろんアレをアレしてます)で録画したTSファイル(6.31GB)を、BonTsDemuxの「x264_HQ_SMALL」でエンコードしたら、わずか343MBのmp4ファイルが出来た。

なんと1/20のサイズだ!!
恐ろしい・・・。

他にも、比較的、画面変化や動きの激しい動画でも、6.5GB → 904MBなどかなりの圧縮率。

そんで、どれだけ画質が劣化したのかな・・・と思って再生してみたが、超絶綺麗。解像度も704×396に落ちてるのに、まったく問題ない。

ハッキリ言って僕の目では、ウインドウを最大化して見ても、元のTSファイルとの違いが全く分からない。

「ほとんど分からない」ではなく、「全く分からない」レベルである。
ま、そもそもモニタがアナログ出力だから当然といえば当然ですけどね。
でも恐ろしい・・・。

ただし、エンコードにかかった時間は、正確には計っていないが、たしか1時間半くらいだったと思う。
1時間の番組をエンコするのに1時間30分もかかる(XPでCore2 E7400、メモリ2GB)。
しかもその間、CPU占有率が100%近くに張り付いていた。
恐ろしい・・・。

もしCPUをi5やi7に替えたら、これが劇的に速くなるのだろうか?

ものすごく速くなるのならばマシンを買い換えるが、さほどでもないなら、慣れ親しんだXPを離れたくない。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大