Windows7で「他のプロセスにより書き込みが禁止されている可能性があります」と出る場合の対処法

今日、いくつかのフリーソフトの使用中において、
「他のプロセスにより書き込みが禁止されている可能性があります」
とエラーメッセージが出てしまい、ファイルの保存ができない事態が発生。

複数のソフトでそうなったことから、ソフト個別の問題ではなくてWindows設定が問題のようだ。

そこでいろいろ調べてみると、どうも共通点は

  • インストール不要なタイプ(exeダブルクリックで実行できる)のソフトである
  • ソフト自体の保存場所はデータドライブ(システムドライブ以外)にある
  • XP時代から使っていた

以上の3点であった。

要するに、「XP時代からデータドライブに置いて使ってたフリーソフトが、7にしたらファイルの保存ができなくなったよ!」というわけである。

この問題についてググると、多く出てくる解決策が

整理 → レイアウト → プレビューウィンドウ のチェックを外す。

というもの。

しかしうちの環境ではそれでは治らなかった。
というか、そもそもプレビューウインドウのチェックは入っていない。

それで他に試行錯誤してみたところ、ソフトを「管理者として実行」すれば解決することが分かった。 ※参考=Microsoftの公式サイト 必ず管理者として実行するようにアプリケーションを構成する

なんかVISTA以降のこのUAC周り、めっちゃ面倒くさいなぁ。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大