アメリカの銃乱射事件、今こそこの映画を見るべき。

最近またアメリカで銃の乱射事件が起きていますね。

銃問題は、アメリカが抱える大きな病巣の一つです。この銃問題について非常に鋭く切り込んだドキュメンタリー映画が、あのマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」

これはコロンバイン高校の乱射事件を軸にスタートして、なぜアメリカでは銃による殺人が多いのか、マスゴミ(メディア)がいかに大衆を操作しようとしているかという次元まで追究している傑作。

なぜアメリカでは銃殺人が多いのか?
なぜ他の国では銃所持率の高い国も含めて殺人が少ないのか?

「邪悪の代名詞」とされたマリリン・マンソンにもインタビューし、彼はメディアが作り出す「恐怖と消費」について喝破しています。詳しくはネタバレになるので書きません。とても面白いので実際に見てみてください。

また、最終シーンではNRA(全米ライフル協会)の会長に突っ込んだインタビューをしています。マイケル・ムーアに痛いところを突かれて、逃げるように立ち去る姿が印象的です。

この映画は単なる銃批判ではなく、資本主義への批判、メディアや権力への批判が真のテーマといえるでしょう。ドキュメンタリー映画ですが、堅苦しくて無味乾燥な内容ではなく、エンターテインメントとして十分に楽しめる映画です。あの電波少年もパクった「アポ無し」元祖の力量をぜひ見てみてください。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大