2012年11月12日 ユーロドルのチャート解説

以前の記事で書いた予想がまた的中しまして、先週は日足の巨大なダブルトップ形成後、ネックラインを下回って下落が加速しました。

依然として下落基調が続いているという前提で、戻りをショートするのが最も可能性が高そうです。具体的には各足の62EMAや200SMA、一目基準線などに上昇しながらタッチまたは接近し、その後反転下落したところが狙い目です。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大