自分を信じるしかない

みんなそれぞれ、自分なりのシステムをお持ちだと思います。システムというのは、簡単に言えば「いつエントリーして、いつ手仕舞うか」。その基準、やり方のことです。

ところが自分のシステムを100%信じきれないでいると、だんだんエントリーするのが怖くなってくる。エントリーを見送る回数が増えてくる。

で、そうこうしてるうちに、見送ったエントリーが大きな利益になってたはずだったのを見ると、だんだん焦ってくる。そんで焦ってきてようやくエントリーした時に限って、逆行して損切り。そしてまたエントリー恐怖症になる・・・の悪循環。

そんなことはありませんか? 

もしそうだとしたら、これはもう、ひたすら恐怖を克服して、自分のシステムを信じてやり続けるしかありません。ここで大事なのは、自分のシステムがシグナルを発したら、それをその都度裁量で判断せず、機械的に全部エントリーすることです。そのつど裁量を入れてると、判断スピードも遅くなるし、上述したようにエントリーしたりしなかったりが出てくる。そのせいで結果にムラが出るので、すべて機械的にエントリーする。正しい統計をとるためです。

そうして、全てを記録し、結果を検証する。地味で淡々とした作業ですが、結局これを繰り返すしかない。僕はこういう結論に至っています。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大