仮想通貨と株・FX、どちらが有利か?

ビットコインやNEMなど最近いろいろと話題の仮想通貨。
株式(投資信託やETF含む)やFXと何が違うのか、そしてトレードするなら仮想通貨と株・FXではどちらが有利で儲かるのかを考察してみました。

まだ法律や体制が未整備の仮想通貨

顧客資産の分別・信託管理などの点でまだまだ仮想通貨は不安要素がいっぱいですね。先般のコインチェックのNEM流出事件ではその辺りの不安が一気に露呈し、被害者の皆さんは右往左往しているようです。テレビCMを見て気軽になんとなく口座を開設するような人たちは、顧客資産の分別管理という概念すら持っていなかった人も多かったかもしれません。

株式やFXだとその辺りの投資家保護制度が整っているので、安心度が高いですね。株のストップ高・ストップ安の仕組みについては日本独自のものであり賛否両論あるところですが、初心者にとってはいいかもしれません。

【参考】焦点:仮想通貨「みなし業者」の抜け穴、自主規制も機能せず (ロイター) – Yahoo!ニュース

さらに言えば税制もまだ追いついておらず、雑所得扱いなので高額の税金が発生するのもマイナス点。これもやはり税制が確立している株やFXのほうが有利でしょう。

投機は取引対象が何であっても結局同じ

私は仮想通貨については「投資」ではなく「投機」だと考えております。それも一か八かのギャンブルに近いほうの投機。そして株式は「投資」であり、FXは「投機」だと思います。

投機とは価格の上げ下げ、すなわち値動きに賭けるもの。だから、投機対象が金(ゴールド)であれ為替であれチューリップであれ仮想通貨であれ、極端な話、なんでも良いわけです。相場があって値動きがあるものはなんでも投機対象になりえます。

投機にとって最も大事なのは流動性が豊富で参加プレイヤーが多いこと。流動性が低くて取引が成立しなければ投機の意味がありませんからね。

あえて仮装通貨を選ぶメリットが特に無い

そういう意味でもわざわざ仮想通貨を投機対象としてトレードするメリットは薄く、株やFXの圧勝でしょう。もっと言えば流動性の点ではFX(為替)の圧勝です。株と比べても規模が違いすぎますからね。株・FXと比べて仮想通貨が有利・優位であるといえる点が全く無いと私は思います。

仮想通貨の値上がり幅がすごいので、そのギャンブル性・成長性に魅力を感じる人が多いのだろうと推測しますが、それならFXでもレバレッジを高くすれば結果は同じことです。特に海外FXでハイレバ取引をした場合の爆発力は、仮想通貨の上昇率など比較にはならないですね。

「仮装通貨はギャンブルではない! 状況を分析してしっかり予想をして投資している!」と主張する人もいるようです。しかし、私がいつもこのブログで書いております通り、相場を予想するなんて神をも恐れぬ愚かな行為だと思います。米国の大統領ですら予測も制御もできない相場を、一般素人が予想できるなどとは考えないほうがいいと思います。

仮想通貨は株と為替の悪いとこ取り?

仮想通貨は青天井で価値が上がっていく可能性がありつつ、紙切れのように価値がゼロになる可能性もありうる。そういう意味ではまるで株のような「投資」性を持つ。

一方で、短期間で価格が大幅に乱高下し、素人はビビってすぐに振り落とされる。そういう意味ではまるでFX・為替市場のような「投機」性があります。

結局、仮想通貨とFXではどちらが有利で儲かるのかについては、今のところ最も重要なポイントはやはり税制と投資家保護の仕組みではないかなと思います。チャート的な部分、すなわち価格上昇云々については仮想通貨のほうが有利とか儲かるとかいう根拠が全く無いというのは前述の通りです。株やFXでも十分代替できるものです。税金も最大55%取られるのか、20%で済むのかは非常に大きな違いです。だからやはり金融資産の運用については税制や投資家保護についてよく考えるべきでしょう。

自分が理解できるものだけやる

投資と投機の悪い性質だけを寄せ集めたのが現在の仮想通貨なのではないか、と自分は今のところ考えております。世間でよく言われる「仮想通貨はともかく、ブロックチェーンの技術は革命的」との主張については、たぶんそうなのでしょうけれども、自分の悪い頭では難しくてよく理解できません。

よく分からないものには手を出さない。これは資産運用の原則として重要。というわけで、自分は仮想通貨には手を出さず、株やFXのみで今後もやっていこうと考えております。

海外FXで超短期&爆発的複利を狙うシンプルな方法
かつてこのブログで書いた、10pips複利や5pips複利に関する記事は、おかげさまで最近でもアクセス数が大変多くなっています。 ...
スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大