2014年12月24日 ドル円チャート解説

201412241118

今週も半ばというところで、週間レジスタンス1ゾーンの上限にタッチして反転下落しています。

上記画像で分かるとおり、5連続で日足が陽線をつけた後の大きな節目へのタッチ&反転。

ですので、セオリーとしてはここから直近上がり幅の半分程度、すなわち200pipsくらいは下落する可能性が高いのかなぁと思います。それくらい下落するとちょうど週間pivotにも当たりますので、その辺までは見越しておく必要がありそうです。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大