2014年11月6日 ドル円チャート解説

201411061553

円安の流れは続いておりまして、ついに一時115円台まで突破。
これは7年ぶりの水準だそうです。

極端に長いローソク足が出るなど、ドル円相場は荒れているイメージがあります。
しかし上記のチャート画像をご覧ください。

このブログのチャート解説でもいつも説明しております通り、今回もまたPivotやレジスタンスのラインがドンピシャで機能しております。これに200SMAや800SMAを加えれば、大まかな動きの予想はだいたい目に浮かんでくることでしょう。

みなさんにもpivotインジケータはオススメです。

ちなみにデイリーpivotと週間pivotは別物であり、両者を組み合わせて見る必要があるのでご注意ください。
私は短い足(5分足)にデイリーのpivotとサポレジのインジを表示させ、日足のほうには週間pivot・サポレジを表示させています。
これがここ数年間で編み出した、自分なりにもっとも見やすいチャート形態です。

私は基本的に5分足と日足しか使いません。極端な話、日足だけでもいいくらいです。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大