FXの鉄則

ハイレバは危険だと思いますか?

一般に、「ハイレバレッジは危険」と言われていると思います。 しかし本当に大事なのはレバレッジが何倍かではなく、何ロットのポジションを取るか、です。 レバが1倍であっても200倍であっても、1ロットは同じ1ロット。1ロット当たりの...
FXの鉄則

FXの手法 いつ買っていつ売るのか、について

FXの「秘密の魔法」を求めて、あのインジケーターがいい、いやこっちのがいい、あの情報商材がいい、あのセミナーがいい・・・と、いつまで経ってもあれこれと、さまよい続ける人がいるようです。 しかし、それは時間の無駄。 「絶対に勝てる秘密...
FXの鉄則

強制ロスカットはまったく怖くない!?

知り合いでFXをやっている人の話を聞いたりとか、ネットでのFXの話題などを見ると、強制ロスカットに戦々恐々としている人がたくさんいるようです。 しかし証拠金維持率とか強制ロスカットとかを気にしている時点でそもそも間違っています。それは...
FXの鉄則

飛び乗りはケガの元だが、飛び降りはチャンス。

グググーっと勢い良く相場が動いている時には、ついつい順張りで飛び乗ってしまいたくなるものです。 でも、たいていこういう場合、飛び乗った途端に反転して、大怪我することになります。もし仮にそれが大きなトレンドの始まりだと思っても、成り行き...
FXの鉄則

ポジション枚数をコロコロ変えない

適正なポジションサイズについては、昨日の記事でも書いた通りです。簡単に言うと、損失額が資金の2%以内に収まるような枚数でエントリーすべきです。 で、この枚数は、エントリーのたびにコロコロ変えないほうが良いです。 たとえば、最初は...
FXの鉄則

1に損切り、2に損切り、3・4が無くて5に利確

ストップ注文(損切り)は投機をやる上で絶対に必要。ロトの鎧より強い。 著名な投資家・投機家たちが口を揃えて言うのは、「とにかく資金を失うな」の一点。これの大切さは、FXをやっていると身にしみて体感できます。 バフェットさんだかソ...
FXの鉄則

ブレイク狙いやレンジ反発狙いなら大胆に

レンジからのブレイクや、サポレジからのブレイクを狙うときは、大胆にいつもより多めのポジションを持つチャンスです。 私はよく、ここ1~2日で何度も跳ね返されている硬いサポートやレジスタンスを探し、それを超えたところにエントリー用の逆指値...
FXの鉄則

ルールを守り続ける

(この「FXの鉄則」カテゴリにおいては、自分がこれまでの経験で気付いてきた大事なことを書いていきます。なるべく簡潔に書きます。) 『鉄則(ルール)を守り続ける』 これが、自分がこれまで見つけてきたルール(鉄則)の中で最も大事なル...
FXの鉄則

はじめに

自分なりに気付いた『FXの鉄則』を備忘録的に書いていきます。 勝てる方法を探して、有名な投資家や投機家の本をあれこれ読みまくった結果、ほとんどどの本も本質的に同じことを言っていることに気がつきました。 特に共通するのは、「魔法の...
タイトルとURLをコピーしました