2015年3月18日 ドル円チャート解説

20150318_1121

今週は月曜日からずっと、週間pivotに張り付いたまま、大きな動きがありません。

ちょうど5分足の800SMAとも絡んでいるのでこの辺りで停滞しているのでしょう。
しかし長い目で見ると、日足の62EMAからだいぶ乖離した上のほうで浮遊している状態です。
かなりエネルギーが溜まっている状態と思われますので、動き出したら大きく動く可能性があります。

状況的には下落するエネルギーが溜まってる感じに見えますが、どちらに動くかは予測できないので、いったん大きく動くまではポジションを持たずに静観すべき場面だと私は思います。

大きく動いてから主要なラインにタッチしたところでエントリーを検討したほうが良さそうですね。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大