2014年12月10日 ドル円チャート解説

201412100754

昨日はやはりあのポイントからの反転はわずかで、そこからさらに大きく下落しましたね。

私は昨日の記事アップした直後に少ない枚数で試しにロングしてみましたが、10pips以上上昇したところでストップを建値に移動しました。

その後の大きな下落を見るにつけ、あー良かったと胸をなでおろしてます。

そして118.00ラインと週間S1ゾーン下限ラインへタッチして下落の勢いが収まったのを見て、再度少なめの枚数でロング。100pips上に指値を入れておいたら、寝てる間に利確してました。

あまりに大きな動きだったのでビビって少なめの枚数だったので残念。結果論ですが、あれだけ急激に動いた後だからこそ、大きい枚数&ハイレバ&極小ストップ戦略で勝負すべきでした。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大