ルパン三世の監督がたけしだったら…の元ネタ

もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したらというブログ記事が最近話題になってたようです。
さすが話題になるだけあって、すごく良く出来ていて面白かった。

で、そのブログさんの他の記事を読んでいたら、以下のような記事を見つけた。

実写版ルパン三世の監督がビートたけしだったら

実はこの記事、純粋なたけしさんのパロディ・・・ではありませんでした。

これは劇団ひとりがかつてテレビ番組のコントでやっていた「尾藤武」というキャラの真似。
たけしパロディのキャラである尾藤武をさらにパロった、というかコピったのが、前述の記事ですね。

要するにパロディのパクリ。文言は変えてあるので著作権法の観点からはまったく問題ないんでしょうけれども、全体の「センス」というか、やってることはどう見ても同じですね。

それはいいのですが、しかし尾藤武(劇団ひとり)について何も言及せず、あたかも自分のオリジナルであるかのように掲載しているのはどうかなぁ、と思います。似せたのが意図的なのか偶然なのかは分かりませんけれども。

「尾藤武」でググれば動画がたくさん出てきます。
ぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大