2013年11月8日 ドル円チャート解説

20131108

ECBの利下げの影響があったようで、ドル円もとんでもない乱高下となりました。

しかし上記チャートを見ていただければ分かる通り、デイリーチャートに表示された週間pivotを見る限り、全く「乱高下」という感じではなく「きっちりとセオリー通り」にレジスタンスとサポートが効いていますね。

しかもそこに時間足の800SMAや日足の200SMAなんかも絡んでおり、僕にとっては「簡単で分かりやすい」相場であり、100pips抜くことができました。

最近の僕の手法としては、短い足はほとんど無視で日足と週間pivotしか見ていません。
これで余計なエントリーも減るし、大きく動いた戻りを狙うのが簡単になりました。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大