「いつかはゆかし」のアブラハム社に処分勧告が決定!?

アブラハムに処分勧告へ=「いつかはゆかし」展開―証券監視委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000101-jij-biz

投資助言会社 中立装い勧誘か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131002/t10014976051000.html

以前にも書きましたが、僕は現在アブラハム社を一切誰にもオススメできません。個人的にはこの会社の信用度はゼロです。いやマイナスと言ってもいい。

ふざけんなよ、このクソ会社・・・と思っていたら案の定、上記のような証券取引等監視委員会による処分勧告が決定されたようです。まだ勧告検討の段階なので、今後金融庁がどのように判断するのかは分かりませんが。

会社は、これらのサービスについて「ファンド側からは報酬を得ていない」として投資の勧誘ではなく、助言だと説明していました。しかし、関係者によりますと、証券取引等監視委員会の検査で特定のファンド側から海外の別会社を通じてこの会社の関連会社の口座に送金が行われていたことが分かり、報酬を受け取っていた疑いが出てきたということです。
監視委員会は、これが事実上の販売手数料に当たり、広告で中立的な助言をすると見せかけて顧客を集め、投資を勧誘していた疑いがあると判断したということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131002/t10014976051000.html

長いですが上記引用。

要するに、「中立の立場からアドバイスをしますよ」と謳っておきながら、実際には特定のファンド(イギリスのHANSARD社が扱う商品)のみを顧客(いつかはゆかし会員)に契約させ、そのファンドから手数料を得ていた、という指摘があったんですね。

で、それに対してアブラハムの社長が、

「ファンド側からは関連会社が広告手数料を受け取っているが、当社とは関係ありません。勧誘とみなされる行為は行っていません」と話しています。

と主張していると。

勧誘とみなされる行為は行っていない・・・ですか。
ふーーーーーーーーん。

じゃあ聞くが、おたくの「いつかはゆかし」においては、HANSARD以外の選択肢はあったのかねぇ? 事実上HANSARDしか選択肢がなく(顧客はそれを事前に知らされず)、しかもそのHANSARDから関連会社()とやらが手数料を受け取っていた。でもその関連会社はウチには関係ないってか? そんな理屈が通ると思ってるのかな。

わざわざ海外に設立した、本体とは無関係の関連会社ねぇ・・・www

まあとりあえず現段階ではあくまでも「処分勧告を検討」というレベルでありますので、今後金融庁が無双してくれることを祈念しております。

一連の流れについて詳しく知りたい方は、やまもといちろう氏のブログをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大