1日5pips。それは革命だ。

以前、「1日10pipsの破壊力」という記事を書きました。

これが非常に好評なようで、
検索エンジンから飛んで来てくださる方も大勢います。

毎日10pipsは相当な忍耐を要する

で、あらためて今思うのですが、
実は1日10pipsって毎日続けるのはかなり忍耐力がいるんですよね。

長年FXをやっている人なら、じっくりタイミングを見計らえば
1日10pipsくらい取るのはわりと難なくできる。

でも、これを「毎日続ける」というのがしんどい。

5pipsならいけるかも

じゃあ、1日5pipsだったらどうだろう?
これは結構いけそうですね。

一回で5pipsでもいいし、2.5pipsを二回でもいい。
なんなら1pipsを5回だっていいですね。

試算してみよう

現在使える最高レバレッジ(25倍)で、
毎日5pipsを取っていったらどうなるか?

こちらの複利計算ツールにアクセスして、
「1日の獲得pips」に「5」を入力し、
その他の項目は初期状態のまま、計算ボタンを押してみてください。

チリも積もれば驚異の金額

その結果出てくる表を見ていただければ分かる通り、
現在のドル円レートで計算すると、
「レバ25倍で1日5pipsを1年間」続けた場合、
なんと100万円が22,697,000円(二千二百六十九万七千円)にもなるのです!

中古の軽自動車しか買えない程度の資金が、たった1年で地方の新築建売住宅を買えるくらいの資金に化ける。たとえて言えばそれほど大きな変化です。

年間で2000%以上の利回りなんて、
伝説中の伝説トレーダーしかありえません。

結局地道が一番近道

繰り返します。
これはわずか「1日5pips」の積み重ねによる結果なのです。
100pipsや200pips取れという話ではありません。

もちろん、1日5pipsだからって「簡単だ」と言うつもりは毛頭ありません。
毎日続けるには、強い自制心と努力がないと不可能でしょう。
されど、たったの「5pips」です。
今まで真剣にやってきた人ならば、光明が見えてきたのではないでしょうか。

興奮しそうなときでも我慢

僕から一つアドバイスするなら、
「たまたま100pipsくらい取れそうなときでも、ルール通りに5pipsで我慢できるかどうか」
が、成否の分かれ目になると思います。

この辺の心理は、『FXの小鬼たち』という本に登場する
フーサイン・ハーネカー氏のエピソードが大変参考になります。

細かく続けることが大事

畢竟、この戦略の肝は、
難易度の問題ではなくて継続力・忍耐力の問題なんですね。

「1日5回腕立て伏せをしろ」と言われたら誰でも簡単に出来ると思います。
しかしそれを「1年間毎日続けろ」だったら?
実行できる人は少ないですよね。
あなたも筋トレやダイエットが3日坊主で終わった経験がありませんか?

それと同じことなんです。

でもやっぱり1年かかるのは長い?

100万円が2千万円以上になるのにたった1年というのは、凄まじいスピードです。
されど、やはり1年という時間は長い。
そもそも1年もずっと集中力が持たない、と思うことでしょう。

しかし現在の日本のレバレッジ規制は25倍までですから、資金を増やすための時間はどうしてもかかってしまいます。それ以上に資産増加スピードを速めようと思ったら1日あたり5pipsではなく、50pipsとか100pipsを取っていかなくてはなりません。でもそんなの無理すぎますよね。

そういう場合には、実はまだ海外FXという道が残されています。海外FXであればレバレッジも500倍とか800倍とか可能ですので、1日あたりわずかなpips獲得なのに短期間で大きな成果が得られる可能性が高まりますね。

海外FXと聞くといかにもハードルが高そうに思えますが、実は意外と簡単な手続きで口座開設してすぐにMT4などで取引できます。

海外業者は良いところを選ぶのに少し苦労しますが、現在のところ個人的に気に入っているのはXM.comです。スプレッドはやや広めですが、総合的に見て使いやすく安心できる大手だと感じています。この業者は日本語対応が進んでおり、英語が特に必要ないのも嬉しいところです。

詳しくは下記の記事(海外FXで超短期&爆発的複利を狙うシンプルな方法)をご覧ください。

海外FXで超短期&爆発的複利を狙うシンプルな方法
かつてこのブログで書いた、10pips複利や5pips複利に関する記事は、おかげさまで最近でもアクセス数が大変多くなっています。 ...
XM.comでレバレッジ888倍、1万円を1千万円に導く日数をシミュレーション
以前に書いた、爆発的複利で短期決戦の記事。 この記事では「通常時」を想定した爆発的複利を狙う戦略をお伝えしました。 今回は「特殊な状...
スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大