2013年2月26日 ドル円のチャート解説

イタリア総選挙の影響で、急激な円高になったようです。

しかしチャートを見る限り、週間S2ゾーンから反転してS1ゾーンまで来ていますし、1時間足を見ても見事に800SMAでサポートされて反転しています。

というわけでこの動きは一過性のものなのでは?と今のところ考えています。

ただし90.70を下回るようなら、ものすごい下落の加速を覚悟せねばなりません。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大