2013年2月13日 ドル円のチャート解説

上記画像はドル円の時間足チャートです。昨夜から急落して、本日のデイリーS1にタッチして下げ止まり。そして現在は1時間足の200SMAを軸にウロウロしています。

この辺りの水準はちょうど週間pivotのラインとも重なるため、ここで反転上昇していく可能性が高いのでは、と思います。

逆にこの週間pivotを下に抜けてしまうようなら、90.80辺りまでの下落は見込んでおく必要がありそうです。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大