2012年6月21日 ユーロドルのチャート解説

直近の30分ちょっとの間に、100pipsも上下したユーロドル。

なんだなんだ、何が起こったんだ・・・と思ってニュース調べたら、ああそうか米国FOMCを忘れていました。危ない危ない、偶然ですけど直前に新規注文を取り消しておいて良かった。

やっぱりこういう重要指標のときはポジション持ってると危険ですね。今回も日中はグズグズと方向感に乏しい動きだったのに、指標発表後のたった30分で100pipsの行って来いですから。ロンガーもショーターも両方、振り落とされちゃった人が多いのではないでしょうか。

指標時はノーポジ厳守。大事ですね。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大