2012年5月16日 ユーロドルのチャート解説

9日と14日の記事で予想した通りの展開になっておりまして、ユーロドルは雪崩を打って下げ続けております。

日足チャートなど見ると、そろそろ移動平均線からの乖離が大きくなってきたから戻りの反発も大きくなるだろう・・・と思ってしまいがちですが、こういう時こそ歯止めが効かなくなってズドドドドと落ちていく可能性もありますので、ロングに手を出すのはまだまだ危険でしょう。

逆にショートポジの人は、ストップロスをトレールしつつどんどん増し玉していくチャンスですね。すでに週間サポート2をも突き抜けてしまってますので、次の節目は見当たらず、どこまで落ちるか予想できません。強いて言えば、直近1年間の最安値である2012年1月13日の1.2623辺りが一つの山場でしょうか。ここを下抜けたら、次は1.20の大台割れまで視野に入ってくるでしょう。

とりあえずこれを書いている現時点では、デイリーのS1ゾーン上限とスイートスポットが重なったラインにタッチしたところできっちり反発しています。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大