2012年1月31日 ユーロドルは中期の踊り場にある

直近10日くらいは上昇トレンドとなっているユーロドル。

しかし日足の662EMAに到達してからは、そこを挟んで150pips程度のレンジとなって3~4日経過しています。

以前からここで書いています通り、この日足の62EMAは中期的にかなり重要なポイントですので、ここでグズグズするのはよく理解できます。さらには1時間足の62EMAや週間Pivotなども絡んできてます。短期的にはそうした週間Pivotや4時間足の62EMAなどへの押しを待って押し目買いするのが短期目線でのセオリーでしょう。

逆に中~長期目線で言うなら、今は絶好の戻り売りポイントです。ショートするなら、昨日の高値を20~数十pips程度上抜けたところがストップの置きやすい場所でしょうね。

ここから上下どちらに行くにせよ、勢いがついてくるのは日足の62EMAを離れたときです。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大