2012年1月23日 ユーロドルは中長期の反転局面か、それとも・・・

今週は大きく窓を空けて始まっています。

先週の終わりには、前回の記事で予想した通り、4時間足の200SMAギリギリで反転し下落しました。

今日に関しては窓明けの寄り付きがデイリーのS1ゾーンであり、そこでいったん反転しています。再度下落に向かうとしても、S2と週間pivotが近いので、そこが一つの逆張り狙い目です。

上昇方向の場合は、やはり4時間足の200SMA(=1時間足の800SMA)や日足の62EMAを一つの目安として考えていくと良いでしょう。

中長期的に見ると、数ヶ月続いてきた下落トレンドが反転しかかっているようにも見えます。これが単なる戻りなのか、それともトレンド反転なのか、今週の動きではっきりしてくると思います。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大