2011年12月20日 エネルギー蓄積気味のユーロドル

昨日は結局S1で反発し、先週安値を下回ることはありませんでした。

しかしその反発上昇もpivotを超えられず、今日になってもぐずぐずしています。

上に向かうにしろ下に向かうにしろ、どちらにせよエネルギーが溜まっている状態ですので、必ずストップロス注文を置いたうえでポジションを持ちましょう。年末で商いが薄くなれば、突発的な動きも増える可能性があります。

上方向であれば、金曜日の高値を越えれば日足でダブルトップ示現と見て加速を期待してもいいでしょう。下方向であれば、やはり先週安値を抜けてくるかどうかがポイントです。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大