超クールビズ

今夏は節電の件もあり、官公庁などでもクールビズがまた注目されてるそうですね。

なんでもアロハとかTシャツとかジーンズまでOKらしい。まあジーンズはかえって暑いだけだろうと思いますが。

しかしこれはいい傾向ですね。そもそもスーツなんて、日本よりも寒くて湿度の低いヨーロッパで生まれた服であり、高温多湿の日本には合わないものです。それをなんで無理して、西洋のフォーマルな服を着なきゃならんのでしょうか。まったく理解に苦しみます。

日本人は日本人らしく、日本・アジアの気候にあった服を着ればいい。服というのはその民族・風土に固有の気候などに沿って進化してきたわけであり、それを着たほうが能率が上がるに決まっている。まあ営業職や販売職など外部の客と会う仕事ならまだ分かりますが、内勤事務系なのにスーツ着用必須とか狂ってるとしか思えません。

暑いなか、みんなで無理してスーツ着て、みんなで無理して満員電車に乗って、その無理を少しでも緩和するために会社も電車もエアコンをがんがん効かせる。なんだか、社会全体で壮大な無駄をやってるだけじゃないですかね、これ。

むろん、(高度な)文化が成立するためにはある種の無駄が必要悪だったりもしますが、これはさすがに誰も得しない無駄だと僕は思います。

「クールビズ」っていう言葉だけが独り歩きして、単なる商業界のマーケティングの一つで終わらせないためにも、こういう「無意味なスーツ止めようぜ」の動きが定着してほしいと思います。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大