勝率だけで手法を判断するな

ネット上にはいろんな「投資手法」の情報が氾濫しています。

それらを参考にするのはいいと思いますが、鵜呑みにしてはいけない。特に気をつけるべきは勝率です。たとえば、「5分足のMACDがGCしたときにRSIが20以下で買いエントリー。これで勝率85%」とか書いてる人が仮にいるとします。

それで大喜びして「勝率85%か! 俺もマネしよう」とやってはいけない。勝率だけじゃ何の意味もない情報なのです。なぜなら、平均勝ちpipsと平均負けpips、それとポジション保有中の最大逆行値(含み損)が分からないことには、その勝率の本当の姿が見えてこないからです。

極端な話、損切りを一切しなければ、見掛け上の勝率100%を作り出すのは簡単です。逆行したポジは放置して、利が乗ったポジだけ決済していけばいいんですからね。それで一時的には勝率100%を維持できますが、そのうち強制ロスカットにあって、それまでの勝ちを全て吹き飛ばすことになるでしょう。典型的なコツコツドカンのパターンです。

だから、勝率だけじゃなくてもっと詳しい情報がないと、その手法には価値がない。特に最大逆行値は大事だと思います。たとえば平均勝ちpipsが10pipsで、最大逆行値(含み損)が100pipsだとしたら、これほどバカな手法はありません。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大