「勘」というものを軽視する癖はありませんね

僕が昨日書いた記事ゆとりでも分かるFXは素人でも勝つ可能性がある理由)について、引用元の方が (「勘」というものを軽視する癖がありませんか?) という記事にて「反論」されています。

しかし残念なことに、これが全く反論になってないのです。相手の方(potato_gnocchiさん)は僕の記事の内容に噛み付いておられますが、そもそも僕の記事をちゃんと読んでくださったうえでの批判なのか、疑問です。なにしろその「反論」がことごとくズレている。議論が噛み合っていないって言うのかな。

たとえば、

人間の「勘」というものを軽視しすぎていると思います。

いやいや、僕は経験に基づく勘を軽視してはいません。「勘を軽視する」なんて内容、僕の記事のどこにあったのでしょうか?

プロや、相場の名手がチャートを見ての推測と、タダの素人が見ての推測の当たりっぷりの違いは戦慄するほど大きい。

僕は「経験に基づく勘」は大いに推奨しますが、「当て推量による勘(いわゆるヤマ勘)」は厳しく戒めています。それは当ブログの過去記事を読んでいただければ分かることです。たとえば、昨日の記事中にもリンクを張った過去記事において、僕は次のように書きました。

なぜプログラムに頼るべきでないと言うのか。それは、プログラムでは「空気」や「雰囲気」までアルゴリズム化して事前にコードを組むのは非常に難しいからである。長くチャートを見ていると、だんだん相場の空気が読めてくることがある。前述したが、いわゆる「勘」というヤツである。

裁量トレードか、それともシステムトレードか。

つまり「プログラム化できない勘が大事だ」と書いてるわけですね。もうこれだけで、引用元の方(potato_gnocchiさん)が僕の記事をきちんと読まずに「反論」されたことがよく分かります。

 

チャートが見られるからハンデがないなんてのはある種の詭弁であります

これもなんだか勝手に拡大解釈されてますが、僕は「トレード環境のハンデはもう無い」という意味のことを書いてます。ネットが無かった頃は、一般人が自宅でプライス情報をリアルタイムで得ることなんて出来なかったわけで、これについては誰も異論がないと思います。「そのチャートをどう判断するか」については、ハンデというか経験の差や実力の差、個人の差があるのは当たり前です。もっとも、それにしたって「プロだから判断が正しい」、「アマチュアだから判断が間違っている」とは限りませんけどね。

 

勘というものは、まずは過去の経験とか、そのことをどのように咀嚼して解釈して反省して次の行為に活かすかというPDCAサイクルをどれだけ高速に大量に回したかという知的経験の質と量の差であります

これはその通りですね。勘というものの正体を説明するとそういう説明になると思います。

 

チャートが見られるから素人とプロに差がなくなっているよ、なんてのは、素人をたぶらかすための言辞でなければ、無知に由来するものであります

前述の通り、チャートが見られるから「環境的な差がなくなった」と言ってるだけであり、プロとアマの実力の差については僕は言及してません。また、素人をたぶらかそうなんて思ってません。どこをどう読んだらそういう解釈になるのか謎です。僕はむしろ「検証もせずにテキトーにやってる奴はPF=1以下になるから、最初からFXなんてやるな」という主旨のことを書いているんですが。つくづくpotato_gnocchiさんは僕の記事を読まずに批判されているのが分かります。

 

引き続き、potato_gnocchiさんが僕の記事を読んでいないことのさらなる証拠を。

素人がチャートを見て丁半バクチを打って、上がった下がったで、たまたまいくつかのバクチに勝ったからと言って、自分は為替をマクロ環境無しに語れるという主張をする

僕は丁半バクチ的にFXをやるのは馬鹿だと思っています。過去記事にもそう書いています。一か八かでバクチ的にやるんじゃなくて、統計を駆使して科学的にやるべきだと思っています。

また、「為替をマクロ環境無しに語れる」なんて一言も言っていません。そもそも「為替を語る」ことなんて無理だし、その必要も無い、というのが僕の主張です。チャートに現れた過去の事実をもとにして、統計的に自分のルールを作って処理するだけです。また「マクロ環境無し」ではなくて、「マクロ環境はチャートに織り込まれているから直接的には必要ない」と言っているだけで、チャートを見るだけで間接的にマクロを考慮することになると思っています。

 

入るのなら、損してもかまわない額で、全額損するつもりで入らないと

全くおっしゃる通りです。これも僕は過去記事(資金を全部FX口座に入れるな)で書いてますが、potato_gnocchiさんのことですから、おそらく読まずに思い込みで批判されているのだと思います。あ、いや、これは別に「批判」ではないですね。

 

というわけで、なんか全体的に感じるのは、potato_gnocchiさんはやたらFXを敵視しているように見えるなぁっていうのが一つ。もう一つは、陰謀論がお好きでいらっしゃるのかな?(プロの優位性をやたら強調している点など)っていうね。なんか過去にFXで大損して、そのルサンチマンを晴らしたいだけのようにも見えます。推測でしかないですけど。

そもそも僕は「ゆとりでも分かるFXは素人でも勝つ可能性がある理由」においてpotato_gnocchiさんを批判したつもりはなく、単に「ファンダメンタルズに偏り過ぎじゃないですか? プロを過大評価し過ぎじゃないですか?」っていうことを書いただけなのですが。何が彼をそこまで刺激したのか、イマイチよく分かりません・・・。

もしかして、素人をハメこむFX会社の回し者とでも思われているのかなぁ?? でも繰り返しますが、ヤマ勘でバクチ的にやってるド素人は、長期的には「PF=1以下」の成績しか出せないので、FXには手を出さないほうがいいと思いますよ。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大