合理的にストップを決める

このブログで何度もストップの決め方について書いてきました。

毎回言うのが「資金の2%以内で損切りしろ」ということ。

ただ、この時気をつけるべきなのは、その「2%ありき」でストップ位置を決めるのではない、ということです。

まれに勘違いしている人がいるので念のため書きます。

あくまでも

「テクニカル的に合理的なポイントにストップを設定する」

「そのストップにかかった時の金額的損失が資金の2%以内に収まるようにポジションサイズを決める」

これが正しい順番。

上記を逆にしてしまうと、

「資金の2%までは損してもいい」

「いま100万円あるから、2万円までの損失はOK。だから、ストップはエントリーから200pips下だ!」

・・・となってしまいます。
これではもちろんダメですからね。

あくまでも合理的なストップ根拠ありきで、損失が2%以内に収まるポジションサイズを決める。

これがストップ決定の原則です。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大