FX投機家が絶対に使ってはいけない言葉

FXで絶対に言ってはいけない言葉、やってはいけない行動があります。

それは・・・

「耐える」

いわゆる「塩漬け」ってヤツね。
これ絶対ダメ。

耐える必要なんか全くない。
FXってのは投資じゃなくて投機なんだから。

 

両者の違いをものすっごく単純化して言うと、
投資=値上がりに賭けること
投機=値動きに賭けること

上でも下でもいいから、とにかくどちらかに値段がいくらか「動く」ことに賭けるのが投機です。したがって、動く方向の予想を間違えたらすぐ賭けから降りることが大事。

・エントリー前にストップ位置を合理的に決める。
・仮にそのストップにかかっても損失額は資産の1~2%以内になるポジションサイズ。
・1日に一定以上損したらトレード停止。

上記のような原則を守っていれば、奇跡を祈りながら耐える必要なんかどこにもないんです。損が出たらすぐ投げる。益が出たらなるべく引っ張る。これが投機。

 

このブログでも何度も書いてますが、破産しないルールを決めてその通りに淡々とやるだけです。一発勝負なんてもってのほか。耐えるための行動は、全て破滅への近道です。

「耐える」という言葉を頻繁に使っている人は気を付けてください。
既に破滅へのカウントダウンが始まっていますよ。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大