負ける前提でトレードする

既に何回も書いていることですが、トレードで勝てる確率は当然ながら100%ではない。

したがって、一発勝負などダメ。
全財産ぶちこんでポジション目いっぱい持って勝負とかアホすぎます。

負けること前提でトレードすれば、一回のトレードのポジションサイズはおのずと小さくなりますよね。

数百回のトレードの統計を取れば、自分がだいたいどれくらいの確率で勝つのかが分かります。それをもとにポジションサイズも考慮する。

ただし注意が必要なのは、たとえば勝率が仮に50%あったとしても、それは「確実に2回に1回は勝つ」とは必ずしも言えない、ということです。

勝率50%というのは、統計的に見れば、何百回・何千回と繰り返していくうちに「2回に1回勝つ」という確率に近づいていきますが、1回1回のトレードとなると話は別。

勝率50%でも、10連敗・20連敗は起こりえます。

そうしたことを考えてトレードしましょう。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大