飛び乗りはケガの元だが、飛び降りはチャンス。

グググーっと勢い良く相場が動いている時には、ついつい順張りで飛び乗ってしまいたくなるものです。

でも、たいていこういう場合、飛び乗った途端に反転して、大怪我することになります。もし仮にそれが大きなトレンドの始まりだと思っても、成り行きで飛び乗るのは我慢して、ひたすら戻りや押し目を待ちましょう。

というわけで飛び乗りエントリーはダメですが、既にポジションを持っている場合は、飛び降りる(決済する)チャンスと言えます。

チャートが瞬間的にグググッと大きく動く時は、ベア(売り手)またはブル(買い手)の最後の力を出し切った兆候である可能性が高いです。すなわち、指標でもないのに突然大きく動き出した場合、バーッと上がってドーンと下がるパターンが多い(またはその逆)。

だから、急な動きで何らかの節目(サポレジやピボットなど)に到達した後、ちょっとでも反転しそうならすぐにでも飛び降りた(利確する)ほうが、含み益を失わずに済みます。

あるいは、そういった動きがあってもまだポジションを保有し続けるにしても、せめてストップを建値以上に動かしておいてください。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大