ポジション枚数をコロコロ変えない

適正なポジションサイズについては、昨日の記事でも書いた通りです。簡単に言うと、損失額が資金の2%以内に収まるような枚数でエントリーすべきです。

で、この枚数は、エントリーのたびにコロコロ変えないほうが良いです。

たとえば、最初は2枚。儲かったから次は5枚。それで負けたから次はやっぱり1枚で・・・というようにコロコロ変えていると、トータルで損するようです。

少なくとも私が昔、数百回のトレードで統計を取ってみた限りでは、一定の枚数(資金量から計算した最適サイズ)で勝負し続けたほうがトータルで見て良い結果になる確率が高いようです。

ただ、これも昨日書いたことですが、非常に狭いストップでエントリーできそうな時は、いつもよりも大きめのサイズのポジションを取るべきです。合理的な根拠にもとづいて狭いストップを設定できるポイントなのですから、大チャンスなわけです。こういう時は枚数を増やしましょう。もちろん、このときも損切りにかかった場合の損失額の上限は2%程度を目安に。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大