ルールを守り続ける

(この「FXの鉄則」カテゴリにおいては、自分がこれまでの経験で気付いてきた大事なことを書いていきます。なるべく簡潔に書きます。)

『鉄則(ルール)を守り続ける』

これが、自分がこれまで見つけてきたルール(鉄則)の中で最も大事なルールです。
FXをやっているうちに、だんだんと自分なりのルールが出来上がってきます。

「チャートがこうなったら仕掛ける」
とか、
「含み益が100pips超えたら手仕舞う」
とか、
「●●のメンタルを保つ」
とか。

ルールはなんでもいいのですが、とにかく自分に合ったルールを見つけたら、明文化して記録し、それを守って実行し続け、そのルールを検証することが大事です。

・明文化

これは絶対に必要です。人間は忘れやすい生き物です。書いて何度も見返さないと忘れます。手書きでもエクセルでもなんでもいいから、とにかく記録することです。

・継続性

ルールを決めたら厳格に守り続ける。そうしないと、ルールを破ったときに限って儲け損なったり、損をしたりして悔しがる羽目になります。

・検証

継続性と関連するのですが、ルールを決めたら実行し続け、そのルールがどういった成果をもたらすのか統計的に検証する必要があります。そうしないとルールの有効性が確認できません。

そのためにはやはり記録が必要です。トレードの何をどう記録すべきかはまた別の記事で書きます。

スポンサーリンク
レクタ大
レクタ大

フォローする

スポンサーリンク
レクタ大